カラーで大事なホームケアとは?

こんばんは

香川県丸亀市のデザインカラー・ヘアアレンジ特化美容室Lienの西川ヒロキです

今回はカラーで大事なホームケアです。

シャンプー、トリートメント

ドライヤー

コテ

など色々大事なことはあるのですが

今回はコテについてお話しします。

こんな検証実験してみました


210度のコテを使って実験をしてみました。

実験内容はこちらです

210度のコテを5分間挟んで放置してみました。

絶対にありえない状況なのですが

210度で巻いている方はこれをみると210度で巻くのをやめます


5分放置中は常に煙が出ていました。

この煙は多分水分です。

髪の毛の水分が蒸発している状態です。

5分経つと、、、

この状況だとまとまっているように見えますが実際はパサパサです。まとまりも出ません。

髪に何が起きたかというと

水分蒸発

タンパク変性

が起きています

水分蒸発は文字通りなので省きます。

タンパク変性とは

わかりやすいのは卵の白身を思い出してください。

卵の白身は最初、殻を破るとドロドロの白身が出てきます。

その後、フライパンで焼くと白身は白くなり固まります。

髪にも同じことが起こっていてタンパク変性を起こした髪は硬くなってしまいます。

タンパク変性を起こした髪は

カラーが綺麗に染まらない

コテで巻いても綺麗に巻けない

など

いろんな事が起きてきます。

タンパク変性が起きた髪は元に戻りません。

切るしかないのでほんとに気をつけてください。


また、カラーの持ちも悪くなります

特に寒色系カラーは180度以上の熱に弱いので色持ちを気にする方は絶対に160度以下で巻いてください。

結果は

今回は5分間ずっとコテに巻きっぱなしとありえない状況ですが、ダメージは蓄積します。

毎日、210度のコテを使って巻いていたら絶対にタンパク変性を起こします。

また、カラーの褪色は絶対に早いです。

せっかく綺麗に可愛いカラーをしてもらって色持ちをよくしたいのであれば絶対に160度以下で巻いてください。

160度以下で巻いても形がつかない場合は巻く髪を薄く取って巻いてみてください。

そうすると巻けると思います。

巻けない場合は担当の美容師さんに相談してみましょう。


ご予約はこちら

InstagramDM

LINE @

IMG_8930.png

LINEQRコードを読み込むか

@kml3450u

LINEで検索して直接ご予約のLINEをお願いします。

予約表はこちら

予約表

ご予約の仕方がわからない方はこちら

Lien ご予約・お問い合わせ

金額表

金額表

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です